鬱になったSEの憂鬱

仕事関係、プライベート、技術情報とかを書いていきます。(たぶん)

Google Cloud で PHPを動くようにしたい。(2)(2017/3/25)

 

yoshimasatan.hatenablog.com

 

前回の記事では、AWSのEC2に相当するものがCompute Engine APIだと書いた。

これはIaaSなものらしい。

要は仮想マシンを丸ごと貸してくれる感じ。

 

結果的には間違ってないのだが、PHPを動くようにするのに他のAPIを利用しても構築できるようだ。

 

それがApp Engine APIである。

これはPaasなものである。

軽く調べたところによると、これはCompute Engine APIのように仮想マシンを貸してもらい操るものではない。

ただスクリプトが実行できる環境である。

なんといえばいいか難しい。

物理マシンをレンタルサーバー屋で借りると、suになれないし昨日は制限されてると思うけど、そんな環境が渡される感覚だろうか。

Compute Engine API と違い、使用できる言語に制限があるようだ。

他にも比べると制限はあるだろう。(といってもサーバーに詳しくないものには必要のない機能や設定に制限がかかっている程度だと思うが。)

 

前回の記事ではよく分からず、Compute Engine APIを一つ作ってしまった。

無料枠は大丈夫だろうか。

 

Compute Engine と App Engine の違いは以下を参考にした。

stackoverflow.com

Compute Engine API が無料枠にありますように