読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱になったSEの憂鬱

仕事関係、プライベート、技術情報とかを書いていきます。(たぶん)

たくさんの知らない人と話をするのは疲れる。

人と話すのが嫌いだ。

特に大人数だと嫌だ。

 

今日は友達とその弟と、知らない人たちが寄って集まってやるタコパに行ってきた。

もしかしたら良い出会いが・・・なんて考えないわけでもないが、こういうのが苦手なのは損をしていると思い、参加してみた。

 

ううう、不安。

 

主催者の人は男性で、気さくな感じだった。

少人数なら良い。対面で話す程度ならいける。

 

会場に移動する。

知らない人がぞろぞろ。

 

年齢層的に大丈夫かと思っていたが、みんな同じくらいだった。

(といっても最年長だったようだが。)

 

みんなで生地を用意し、軽い自己紹介をその場でしながら、お酒を飲みだす。

 

最初はいい。

 

しかし、みんな饒舌というか、話してるところを面白いネタや話題で持っていかれる。

 

要はトークが下手なのだ。

 

すると、たちまち主導権は他に移り、自分にとっては興味のない話が始まる。

 

こうなるとたちまち、「ハッ!、話さなくては!」と思う。

 

 

正直な話、喋る必要なんてない。聞くだけで良いという話がある。

しかしそもそも興味のない話を聞く耐性がない。

 

裏を返せば興味の範囲が少ないんだろう。

なんてつまらない人間。

 

 

主導権を取られてしまうともうダメ。

終盤は何も喋ってなかった笑

 

なんか気兼ねなく突っ込んだりとか、その場の興味があることをさっというだけで

いいんだけど、言えない。

 

オール疲れも関係してたと思う。

 

みんなを巻き込む会話ができない。

辛い。

みんなの中にいて孤独を感じる。

 

どうすればいいんだろう。

 

 

結局は、自信なのかもしれない。

自分の話を聞け!というか、自分の進行に従え!みたいなのがないといけないのかな。

あなたはどうですか?と一言振って、聞いてあげる。それでいいんだよね。

加えて、自分をさらけ出すのも大事。

 

しっかし疲れた。

どうすれば疲れないんだろう。

喋らなければ疲れない。でもそれじゃ意味ない。

 

人と話して疲れない人っていると思っている。

そういう風になれたらいいのに。

 

 

解決策がなくてすまない。

軽く瞑想をして寝ることにする。