鬱になったSEの憂鬱

仕事関係、プライベート、技術情報とかを書いていきます。(たぶん)

仮想通貨戦争の始まりか その2

 

yoshimasatan.hatenablog.com

 

カッコつけてこんなことを、寝る前に書いたので誤字脱字タイポ多すぎでした。。。

 

まず、僕みたいな人間には短期投資はダメですね。。。

めっちゃ気になって仕事どころじゃないです。(今日は有給で休みですが。)

 

まぁ、今日の記事は今後のために、考察なんかを書き留めておこうかなと思って書きます。

 

 

今日のBTCは、昨日のSegwitの試行(なんて言えばいいんだろう?)があり、個人的にはそのSegwitのために値段が上がっていると考えていたので値段が下がるかと思いましたがむしろ若干上がり続けています。

シンプルに、硬貨の質が上がったという考えなのでしょうか。底がまた上がってしまったかもしれません。

 

一方(?)のBCHは、ジリジリと下げています。

個人的にはこの値段は納得していません。なぜなら

・今現在BCHを掘る方がBTCを掘るよりも儲かる(現在全部の仮想通貨の中で2番目に儲かる)

・それに合わせてハッシュレートがかなりBTCを食っている

・それにより?BTCは送金の遅延が約7万件(執筆時68810件)

・送金量はBCHの方が安いし、遅延なし(スカスカの道路)

 

EDAという仕組みはBTCの元からの機能かと思っていましたがそういうことではないようです。BCHの独自機能です。

 

ただ、今後の動きとして2つきになることがあります。

 

まずはインフレーションデフレーションです。

現在BCHはそのEDAを使ってマイナーがゴールドラッシュとばかりにガンガン採掘しています。

需要と供給のバランスが保たれていないかもしれません。それゆえに値段が下がっている(掘って売る→買手が付かない→下がる)

 

もう一つが、次の採掘難易度調整。

fork.lol

Retargetを参照すると、次のBCHの採掘難易度は

Aug 28th, 06:55

とあり、現在の難易度の200%となります。

 

EDAの発動にどれくらいの時間がかかるのか、その難易度がどれだけ持続するのかという仕組みがどこを調べても見付けられませんでした。

ただ、その難易度のグラフを見ると三日くらいと見受けられます。

そしてEDAの発動にも三日くらいかかっているようにも見えます。

(難易度が上がってしまったのを戻すのに数日掛かっているように見える。EDAは数時間掘らなければ発動すると聞いているので、矛盾してます。よくわかりません。)

 

BCHがこれから上がるのか、下がるのか、

Aug 28th, 06:55

が次のポイントとなるかと思います。EDAの発動にどれだけかかるのか。

EDAを再度発動して難易度はどうなるのか。そして買いは付いてくるのか。

 

その結果採掘の収益性がBTCよりもまた高くなれば、ハッシュレートのバランスはBCHに割かれ、BTCの送金詰まりは解消されません。

海外に送金したい人は、すぐに遅れる・安い・取引所も多いBCHで送金することを選び始めるかもしれません。

 

 

書いている最中ですが、BCHが少し値を戻しはじめました。

(¥67,526→¥69531)

 

リップルの残念下げはちょっと笑いました。

でも高いですね。17円の時にはかわいそうにと思っていたので、上がってよかったねと思います。

 

それでは。

 

追記。こんなのあったらマジで笑うw(でも上がるとしたらこう上がって欲しい。)

https://i.ytimg.com/vi/uZOlUDhtqxE/maxresdefault.jpg