鬱になったSEの憂鬱

仕事関係、プライベート、技術情報とかを書いていきます。(たぶん)

BTG(ビットコインゴールド)が誕生?

BITCOIN GOLDなるものが10/25に爆誕!?というニュースが出た。

Segwit2xの実装および適用がNYAで同意されたが、コアはSegwit2xに反対であり参加しておらず、コア対Segwit2x賛成マイナーといった対立は11月を前に解消されるどころかより激しさを増している。

 

そんななか、BitcoinGoldなるものがSegwit2x適用予定の11月を前に誕生するらしい。

おおまかなスペックは以下のようになっている。

https://news.bitcoin.com/wp-content/uploads/2017/09/DKnkdfoX0AEJ9Ul-696x360.jpg

引用先:Another Fork? Bitcoin Gold Project Plans to Fork Bitcoin Next Month - Bitcoin News

 

このニュースがでてから少し考えた。「何のためにこんなコインが必要なのか?」

いろいろ他者の情報を見る限りでは、

GPUでマイニングできるため、ASICを持っていなくてもマイニングに参加できる(中国に依存せずより非中央集権を達成できる?)

のがメリットであると言っているのを見かける。

 

しかし、気になるのはブロックサイズた。

どうもまだ決まっていないようだ。

 

例えばこれが、Segwit2xに反対をするコア側の行為であり、かつブロックサイズが2MBで始まったらどうなるだろう。

上の表を見て変わる通り、Segwitはされているようなので、ブロックサイズが2MBであればまさにSegwit2xとなる。

 

このコインがフォークすれば、コア側は「Segwit2xの人はBTGでやりなよ」と言えるのではないか?

要するにコア側の陽動作戦ではないのか、と考えられないか?

 

ちなみに、今Segwit2x賛否のマイナー投票では90%近くが賛成であるそうだ。

このままフォーク(=UASFだと思っている)すれば、Bitcoinは分裂することなくSegwit2xが適用されるだろう。(謀反がなければ)

コア側はこれを恐れていて、「リプレイプロテクションをかけて(ハード=UAHF)フォークしてくれ」とSegwit2x側には訴えているようだ。

要するに”アルトコインとしてやってくれ”と思っているわけだ。

 

さてどうなることやら...

 

ともかく、、、

 

BCHがんばれ!!

少しは出しゃばってくれよ。